国内でWiFiレンタルを長期間やってみた|WiMAX2+を売り出しているプロバイダーの月々の料金(2年契約最終日までのキャッシュバックも考えた支払い合計額)を比較した結果を…。

Y!モバイルもその通信サービスエリアは広がってきており、離島であったり山間部を除けば概ね利用できるでしょう。インターネットに4G回線経由で接続することが不可能な場合は、3G回線を通じて接続することができるので、不便だと思うことはほとんどないでしょう。
目下のところWiMAX2+の回線エリアになっていないとおっしゃる人も、今現在購入できるWiFiルーターでしたら、従前のWiMAXにも繋ぐことができますし、嬉しいことにオプション料金を払いさえすれば、高速ワイドエリアの「au 4G LTE」にも接続可能です。
「モバイルWiFiのレンタルにチェンジしようと思っているけど、高速モバイル通信で有名なWiMAX2+(ギガ放題)とY!モバイルが提供しているポケットWiFiのレンタルのいずれにした方がお得か迷ってしまっている。」とおっしゃる方に役立てていただく為に、双方を比較していますので是非ご覧ください。
NTTDoCoMo又はYモバイルにて設けられている「3日間で最大1GB」という制限ですが、1GBと言いますとパソコンで映像を見ると2時間くらいで達してしまうことになり、突然速度制限を受けることになります。
LTEと申しますのは、今日の3Gを「長期的に進化させたもの」という意味で名付けられた通信規格で、この先登場してくるはずの4Gへの移行をスムーズにするためのものです。このため、「3.9G」と言われることが一般的です。

あんまり知れ渡ってはいないようですが、「ポケットWiFiのレンタル」という単語はY!モバイルの登録商標です。ただしWiFiルーターの1つだというわけで、はっきり言って普通の名詞だと認識されていると言ってもいいでしょう。
ポケットWiFiのレンタルというのは携帯と全く一緒で、各々の端末が基地局と繋がる仕様ですから、繁雑な配線などを行なわなくて済みますし、フレッツ光あるいはADSLの時に必要だったインターネット開通工事も行なわなくて済みます。
WiMAXについては、大元と言えるUQは言うまでもなく、MVNOと言われている事業者がセールス展開しています。無論速さであったりモバイル通信エリアが違っているということはあり得ないですが、料金やサービスは違います。
全モバイルルーターに3日で3GBか1ヶ月で7GBの速度制限規定があります。ですが酷い利用の仕方を避ければ、3日で3GBも使うことはあまりないでしょうから、そこまで危惧する必要はないと思います。
WiMAX2+のギガ放題プランを選べば、ひと月7GBというデータ使用量の縛りはなくなりますが、3日間で3GBを超過しますと、速度制限に見舞われるということを念頭に置いておくようにしましょう。

今日現在市場投入されている様々なモバイルルーターの中で、中立的な立場に立っておすすめできるのはズバリどれなのかを、あまり通信関連が得意でないという方にもご理解いただく為に、ランキング形式でご紹介させていただきます。
「速度制限なし」と打ち出しているのはWiMAXだけというイメージをお持ちかもしれないですが、Y!モバイルにも通信方式をチェンジすることで、速度制限を受けることなく使用可能な「アドバンスモード」という名のプランがあります。
モバイルWiFiのレンタルにあまりお金を掛けたくないと言うなら、端末料金や月額料金は勿論のこと、初期費用であったりポイントバック等を詳細に計算し、その総合計で比較して割安な機種を選択してください。
WiMAX2+を売り出しているプロバイダーの月々の料金(2年契約最終日までのキャッシュバックも考えた支払い合計額)を比較した結果を、安い順にランキング形式で紹介させていただきます。
ポケットWiFiのレンタルという呼び名はソフトバンクの商標ということで登録されているのですが、大体「3G回線または4G回線を介してモバイル通信をやる」場合に外せないポケットにもしまえるようなWiFiルーター全部のことを指すと考えていいでしょう。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: 未分類   パーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバックURL :